数字が見えると経営が見える~freeeを導入し経理が劇的改善~

 これを読んで下さってる社長の皆さんの中には、社長業の傍ら経理も兼務されている方も多いのではないでしょうか?

 クラウド型会計ソフトfreeeを活用して経理が劇的に良くなったということで、本日は株式会社イノベーター 代表取締役の金井亮太(かないりょうた)社長にお話を伺ってきました!

―金井社長はfreeeを導入したことで経理が劇的に良くなったとのことですが、何が一番変わりましたか?

 会社の数字がくっきりと見えて本当によく分かるようになりました!freeeを導入して、自分は会社のこと十分理解しているようで、実は全く理解していなかったって痛感しましたね……。

―失礼ですが、社長であれば自分の会社の数字ぐらい把握しているのではないのですか?

 売上は把握していますけど、他は何となくで「今月の経費は大体これぐらいで、前月より使いすぎたかな」って程度だったんです。私もそうなのですが、社長って行き当たりばったりの人が多い気がしますね……。それゆえにどんぶり勘定になってしまいがちなんじゃないかなと思います。

 freeeだと一目見ただけすべての数字が分かります。なので無駄遣いも一発で分かってしまいます(笑)。

―なるほど。でも月次決算はしていますよね。だったら会計事務所が報告書を下さってそれで確認することってできますよね?

 はい、月次決算はしていますし、会計事務所から報告書はいただいています。ですがデータを渡して報告書が返ってくるのに時間がかかるので、報告書が返ってきても何か月も前の事なので「この月はこんなものだったのか」って軽く流してしまいがちなのですよ。だから決算時期近くになって思った以上に数字がよくないことに気づいて、もっと営業活動しないと、経費も削減しないとって焦ってしまったことがありました。でもfreeeだと常に最新のデータで会社の状況が分かります!

 それだけでなく取引先別に詳しいデータを見ることができるので分析ができます。例えば、分析の結果A社からの売上が落ちてきているなと思ったら「もっと営業かけていこう!」ってすぐに行動を起こせますからね。

―freeeならリアルタイムで数字を把握することができるというわけですね。

 はい、そのおかげで助かったことがありました。支払いや振込みなどの大体の月間のスケジュールってあると思うのですが、ある日確認していたらスケジュールにはない振込みがあって、原因を突き止めたらお客さんが二重に振込んでいたのが発覚したということがありました。今までの会計ソフトを使っていたら見逃していたと思います。

―freeeを導入する前はどんな会計ソフトを使っていたのですか?

 とある有名な会計ソフトを使っていました。このソフトが本当に見づらくて、見る気以前にソフトを立ち上げる気になりませんでした。ソフトを立ち上げても使いづらいし、データの同期や修正をするにも一苦労でした……。

 一年ぐらいでfreeeとは別のクラウド型の会計ソフトに変えました。データの処理が楽になったものの、やはり見づらいし使いづらいし、細かいことを挙げるとキリがないですが、何かとハードルが多かったです。

 あと今思えば複数のユーザーで同時にログインできなかったのも欠点でしたね。freeeは同時にログインして編集ができるので、税理士さんと同時に共同で作業することできます。もちろんタイムラグは発生しませんし、お互いに確認しながら修正できますので便利です。

―freeeで気に入っている機能はありますか?

 自動で帳簿がつけられるところですね。銀行やクレジットカードを登録しておくだけで自動的にデータが吸い上げられて、勝手に仕訳してくれます。

 もう一つ、いつでもどこでもデバイスを選ばずに使えるのも嬉しいです。たまにですが、iPhoneでちょっとした手隙時間に仕訳していますし、思い立った時に数字を見ています。でもこの「たまに」が結構大きいです。最初に使っていたソフトだったら、わざわざパソコンのところまで行って、パソコン立ち上げて、ソフトも立ち上げて、見づらいデータに悪戦苦闘しないといけませんからね。

【自動で帳簿を作成する画面】

自動

【iphoneの画面】

login

 

―それは便利ですね!やっぱり経理は楽になりましたか?

 はい、本当に経理が楽になりましたよ!特に仕訳がしやすくなりましたね。簡単に自動仕訳ルールが決められるおかげで、自分が使いやすいようにカスタマイズできるようになりました。

 たまに自動的に仕訳ができなかったデータが発生することもあるのですが、一度仕訳のルールを登録しておけば次回から自動的に仕訳してくれます。なので精度もどんどん上がって、使えば使うほどソフトが自分のものになっていきます。

 経理って領収書や伝票を仕分けして、それを記帳してということに悩まされて大きな時間を費やしているかと思います。でもfreeeだと簿記の知識がなくてもすぐに仕訳できますから、大袈裟かもしれないですけど経理の人員が要らないぐらい楽になりました!

 freeeの便利さをイキイキとお話されていた金井社長の姿がとても印象的でした。お話を伺うまで眉唾物じゃないかと思っていましたが、金井社長の明るい表情を見て私もfreeeを使ってみたいなと思ってしまいました!

 金井社長、本日はありがとうございました!

freee

上記からfreeeの無料登録も可能です。

 

このシリーズでは、経理の若手女性スタッフが ベテラン経営者や経理担当者の元へ出向き、 インタビューを通じて経営者の声や現場の声を隔週でお届けいたします。